読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インドネシア田舎暮らし日記

結局、黄金バットはどこから来るのでしょうか。

現地採用の給与の話 ~為替の話~

今日も現地採用の給与の話。

 

昨日も軽く書きましたが、現地採用で働く者にとって、切っても切れない為替のリスク。

ちな駐在さんは、円でもらったり、ドルと円でもらったりしてるはず、要するに信用に値する通貨で給与を得てるわけで……

それに円でもらえば、日本に帰るときにも何も気にしないでええ。

 

一方の現地採用はインドネシアならルピア、タイならバーツ、中国なら元てな感じで現地通貨でもらっている人が多いのではないか。

中にはドルでもらっている人もいるかもしれないが。

 

そんなわけで、日本を意識すると、どうしても為替レートが気になりますね。

 

ルピアの推移でも載せようと思ったんだけど、忙しくて断念。

とりあえずルピアは結構動きます。

去年も覚えている範囲でも1円=130Rpくらいから1円=120Rpくらいまで動いたりしてるし、まあ10%くらいは1年の間に動くこともざらではない。

インドネシアの定期預金は、年利7%とかあって、日本に比べたらウハウハなわけなんだけど、為替レートが同じだけ円高に進めば、そんなの吹っ飛ぶわけです。

まあ、その分を定期預金で補ったというようにも考えられるけども、やっぱりつらいよね。

 

うん、まとまらんかった