読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インドネシア田舎暮らし日記

結局、黄金バットはどこから来るのでしょうか。

真田丸

日々のこと 趣味のこと

大河が終わると、今年も終わり。

そんな感じ。

 

大河ドラマは毎年観てるわけじゃなくて、題材によってって感じ。

個人的には、なんとか官兵衛以来2年ぶり。

まあ、それでも毎年1話、2話くらいを観て、その先も観ていくかどうかを決めていたんだけど、今年は初めから、いやなんなら制作発表が行われた時点で、1話から最終話まで観ることを決めていた。

 

もちろん、主役が真田幸村だからだ。

 

そんな今年の大河ドラマも昨日が最終回だった。

 

ああ、終わった。

終わってしまった。

 

こんな気持ちになるドラマを観たのは久しぶりだった。

 

 

いろいろと言いたいことがあるけど、まず言いたいのは、真田丸最高やったで!!!ということ。

 

リーガルハイよろしくアホな笑顔で馬に乗ってた真田信繁が、最後はあんな立派な顔で徳川家康に向かっていく。

堺雅人ごいすーやな。

 

そう、今回はとにかくみんなの演技が良かったと思う。

まあ大河ドラマは豪華キャストになるのが常なんだけど、名前だけじゃない確かな演技派が集っていたのではないだろうか。

長野里美さんなんか全然知らんかったです。勉強不足すまんの。

あとは元太もといチータスもとい高木渉さん。声優業もいいけど、俳優業もいけるで!

たぶんコメディアンも……

 

その他、真田親子、稲、三十郎のパパ、ばばさま……とか書きだしたら、途方もないことになると気づいたので割愛。

ともかく、みんなみんなすごかったんやで。

 

 

そんでもちろん三谷幸喜の脚本もすごかった。

好き嫌いが分かれる人な気がするけど、俺は好き。

とにかく真田に徹したのが良かった。

 

一瞬で終わった関ケ原はもちろんだけど、昨日も秀頼の自害シーンもないし、当然ながらそれを勝永が介錯してってのもなし。大助も。茶々様も。

ああ、きりはどこに行ったのか。

 

そんなわけで、ラストも真田丸の航海は兄貴が続けていくという感じで、なんか救われた。(サイコロでも振ってやるのかな)

 

 

欲を言えば、合戦シーンの迫力に欠けた気がするけど、大河ドラマじゃあ、あれくらいが限界なんだろうね。

まあ、大坂夏の陣に関しては、その簡素さが良かったのかもしれん。

淡々と大坂方が負けていくのがリアルだったし、悲壮感があった。

 

しかし最後まで大野家だったなあ。

 

 

さてさて、そんなわけで年末に総集編とかあるらしいけど、真田丸ロスってやつです。

来週からどうすればええんや。

おんな城主柴咲コウは、主演の直虎が好きなんで、とりあえず観ます。なんのこっちゃ。

 

 

ああ、しかし終わったかー!!!!!!!